• ホーム
  • ミノキシジルは産後脱毛の女性や子どもも使用して大丈夫なのか

ミノキシジルは産後脱毛の女性や子どもも使用して大丈夫なのか

髪に悩んでいる男性

ミノキシジルは薄毛治療に使用実績が豊富で、AGA(男性型脱毛症)の治療においてはフィナリスティドと並んで二大治療薬の位置づけです。両者ともに作用機序が異なることから、併用される場合もあります。ところが女性の場合には、同じ頭髪の脱毛という症状のケアが問題になっているにもかかわらずかなり治療方針は異なります。まず女性の脱毛症治療においては、フィアリスティドをはじめとした、男性ホルモンの活性を抑制するAGA治療薬の投与は禁忌とされています。これはAGA治療薬には、妊娠した場合に男児の生殖器の発達を障害するリスクが指摘されていたからです。フィナリスティドなどは女性の皮膚に錠剤が接触ことすら回避するべきと注意書きで明記されているほどです。
これに対してミノキシジルは、原則として女性の脱毛症の薄毛治療することは可能とされているのです。なぜならミノキシジルは当初は高血圧治療薬に使用されていた事実からも窺えるように、あくまで血管拡張作用が中心で、性ホルモンに影響を与えるメカニズムになっていないからです。抜け毛の基礎には頭皮の血流不足が関係していることが多いのは確かです。
ミノキシジル外用薬には、頭皮の収縮した毛細血管を拡張し、毛根に水分や酸素などの供給を活性化する作用を持っているので、抜け毛減少や育毛効果を期待できるわけです。
しかし妊娠中や出産後の授乳中はミノキシジルの使用は禁忌とされています。妊娠中は胎盤を通じて母体から酸素や栄養分の供給を受けています。また出産後の授乳中は母乳を通じて、母体の体内の栄養素や水分などが乳幼児に移行することになります。いずれも胎盤や母乳を通じて、ミノキシジルの成分が乳幼児の体内に移行することに。ミノキシジルには奇形などのリスクはないものの、血圧に影響を与える可能性があり、乳幼児や胎児にどのような影響を与えるのか、未解明の部分が多く想定外のリスクが存在する可能性があります。そのため女性も妊娠中や出産後の授乳中は、使用できないとされているのです。同様に影響が未解明と言う点で、子どもの脱毛症にもミノキシジルの使用は禁忌とされています。子どもの場合は成長過程にあるため、ミノキシジルの投与による影響も、計り知れないものがあります。リスクを冒してまで子どもを対象に臨床試験をする必然性もないので、その影響は未解明です。いずれにせよ子どもに安全性が確認できないので、使用禁忌とされているようです。