• ホーム
  • ホルモンバランスの乱れや過度なダイエットで女性も薄毛になります

ホルモンバランスの乱れや過度なダイエットで女性も薄毛になります

最近では薄毛に悩む女性も増加傾向にあり、専用の治療薬なども登場するようになりました。しかし同じ脱毛症状が出現しても明らかに男性とはことなり、女性特有の特徴が見られます。例えば男性の場合は生え際や頭頂部などの特定の部位の毛髪が大量に抜けて、その範囲も長期間経過するなかで拡大していきます。これに対して女性の場合の薄毛の多くは、全体的にボリュームがなくなりクセ毛なども目立つようになる、びまん型脱毛がよく経験されるところです。それでは一体どのようなメカニズムで、脱毛症状が目立ち薄毛になってゆくのでしょうか。
女性の頭髪のボリュームは思春期をピークに、徐々に減少していきます。目だった変化が自覚されるようになるのは、40代以降の年齢です。40代前後から女性ホルモンの減少が顕著になります。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類からなりますが、大きな影響を与えるのはエストロゲンの分泌量の減少にあります。エストロゲンは血管をはじめとした各部の組織の柔軟性や、細胞に水分を行き届けるなどの作用があります。ところが閉経の時期が接近するにしたがいエストロゲンの分泌は減少するばかりです。その結果頭皮が硬くなり頭髪への水分などの不足気味になります。その結果、毛髪の分量も減少し、ボリューム不足ぎみになります。触れると滑らかさが失われ乾燥した感覚になることも、毛髪や頭皮との女性ホルモンとの関係性は明らかで、低容量ピルなどを服用していると紙の艶や分量なども回復することもあります。またホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンの影響が強くでることも。低容量ピルを服用してホルモンバランスが回復すると、髪を触れるときの間隔も戻るなどの好影響が観察されることを踏まえると、頭髪との間に密接な関係性があることがわかります。また比較的若年層の女性でも、薄毛になってしまう原因に、無理なダイエットを繰り返す食生活なども、関係していることがあります。髪の毛の材料になるのは、たんぱく質です。ダイエットでは熱量をカットするために、油脂分をカットしたり、炭水化物などを制限することが多くなりがちです。結果的に細胞の材料になるたんぱく質が不足を来たしたり、生命活動に不可欠な等分などのエネルギーも不足することで、毛根での細胞分裂にも悪影響がみられることがあります。ダイエットの実践とリバウンドを繰り返すことで、慢性的な栄養不足により女性の薄毛の原因になっていることもあるようです。