• ホーム
  • クリニックでのAGA治療は親身に治療してくれるのか

クリニックでのAGA治療は親身に治療してくれるのか

クリニックや病院などの医療施設でもAGA(男性型脱毛症)の治療を受けることは可能です。ただし公的保険の適用対象外なので治療費は全額自己負担になるので、全ての医療機関で治療対象にしているとは限りません。診療科目は皮膚科になりますが、一般の医療機関を受診するときには、AGAの治療も取り扱っているのかを事前に確認する必要があります。診療科目は皮膚科になりますが、男性向けの美容皮膚科のなかには専門的にAGAに取り組んでいる施設もあります。
もっともAGAに積極的なクリニックの治療内容には、必ずしも保険適用を前提としていない先進的な治療も提供されていることが多いので、ハゲ状態の改善に効果が高く満足度の高いメニューを提供している施設もあるようです。まずハゲ症状のケアに積極的なクリニックや病院などでは、プロペシアやザガーロなどのAGA治療薬の処方をコンスタントに受けることができます。
そのためAGA専門クリニックにおいては、治療内容の主軸は内服薬になります。プロペシアやザガーロなどは継続的に服用することで、男性ホルモンが関与するハゲ症状改善効果に優れています。これらのAGA治療薬は概ね共通していますが、作用する還元酵素に違いがあります。プロペシアは還元酵素の5αリアクターゼのⅡ型にしか反応を示すことがありません。これに引換ザガーロの有効成分には、5αリアクターゼⅡ型のみならずⅠ型の治療改善効果を期待することが可能です。
またAGA治療は原則として継続することが基本になります。治療内容には色々な選択肢がありますが、中長期的には経済的コストも問題になるはずです。コストを圧縮するのにオススメなのがジェネリック医薬品の選択にあります。ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が切れたものと、同等の成分を配合した薬を、後発薬専門のメーカーが製造し販売したものです。先発薬のように開発研究のための膨大なコストを投入する必要がないので、薬価を低く抑えることが出来ます。プロペシアやミノキシジルなどは既に使用が開始されてから、相当な期間が経過しているので各社からジェネリック医薬品が販売されています。薬のコストを抑えたいならジェネリック医薬品がおすすめです。
また一部のAGA専門クリニックなどでは、メソセラピー療法や幹細胞を利用した毛母細胞の再生や活性化などの先進的な治療に意欲的に取り組んでいる場合もあるようです。